2013「きのこ展」クラフトブース報告

リポーター「地球の玉手箱」

国立科学博物館 筑波実験植物園で10月19日から27日まで開催されていた「きのこ展」のクラフトブースに今年も「生物部」が参加しました!
出展は土日だけでしたが、屋根があるとはいえ屋外展示だったこともあり、今年の天候には最後まで大変な思いをしました。。。(^_^;)

さて、まずは、日にち別の報告です~
19日(土)【参加者:ikuさん、観察日記さん、地球の玉手箱】
初日の天候は寒い(佐渡から来たに観察日記さん曰く佐渡より寒いとか・・・(^^ゞ)ものの、比較的穏やか。クラフトブースには昨年も来店して作品を購入したというリピーターのお客様もいらっしゃって嬉しかったです。

20日(日)【参加者:ikuさん、観察日記さん】
朝から雨の上、午後には風向きが変わってクラフトブースにも雨が吹き込み作品が濡れる事態になったため、14時でお店を撤収せざるをえない状況になってしまいました。
ただし、雨でも多くのお客様が来られたそうですよ。

21日から25日・・この間、季節外れのダブル台風到来で毎日天気予報に釘付けに・・・

26日(土)【参加者:UMEZAWA CRAFTさん、スペシャルゲストASCOさん、地球の玉手箱】
【応援者:イ・ロ・ロさん】
クラフトブースは何とか朝から開店できたものの、台風の影響で朝から夕方前まで大雨。。。こんな中でも来園してくださったお客様や差し入れを持って応援に来てくれたイ・ロ・ロさんには感謝です!

27日(日)【参加者:UMEZAWA CRAFTさん、スペシャルゲストASCOさん、地球の玉手箱】
【応援者:ikuさん】
最終日は台風一過の晴天で朝から本当に多くのお客様にお越しいただきました!が、風が強く作品や備品が飛んだりして、その度に対応で大わらわ!先週、出展していたikuさんが差し入れを持って応援に来てくれたのですが、風対応や最終撤収でも助けてもらいました。

次は作家別の報告です。
「ikuさん」
今年はさらにきのこの種類も増え、ミニチュア付のカード立てや、豊作だった「きのこマグネット」もおかげさまでお客様に収穫されて完売しました。
2013きのこ展「iku」

「観察日記さん」
初参加で、「佐渡の発酵食品ストラップ」は、味噌と日本酒の2種類を用意。大人のお客様とは佐渡の話で、子供のお客様とはぬいぐるみのイカとキノコの対決!?で盛り上がっていました。
2013きのこ展「観察日記」

「UMEZAWA CRAFTさん」
きのこ、地衣類、変形菌、そして今年のテーマであるカビのガラス作品を出品。多くのお客様が繊細なガラス作品を見られていて、カビとベニテングタケは完売しました。
2013きのこ展「UME」

「ASCOさん」(スペシャルゲスト)
スペシャルゲストとしてお呼びし、もちろん初参加です。
手彫りで作った消しゴムハンコでプリントしたトートバッグやはがきセットを出品。お客様がハガキやトートバッグを購入しハンコを押すワークショップは、大人から子供まで大人気で大賑わいとなりました。
2013きのこ展「asco」

「ばし山さん」(スペシャルゲスト)※今回は委託販売として参加。
自分で撮影したというきのこや地衣類、カビなどの「菌界シール」は、マニアックな種類も多く、カビシリーズは真っ先に、最終的には全てのシールが完売しました。
2013きのこ展「ばし山」

「地球の玉手箱」
きのこや変形菌以外に、新作として「冬虫夏草」や「地衣類」作品も出品。特に「冬虫夏草」は本物と間違われる方、昆虫が苦手?でビックリする方など多くのお客様にウケました(^^)
2013きのこ展「地球の玉手箱」

なお、今回の活動で「生物部」のメンバーもさらに増えました(^^)。
また改めて後日、紹介します。

最後に先生方やスタッフの皆さまにも準備段階から大変お世話になりました。メンバー一同、心より感謝申し上げます。
プロフィール

生物部

生物部
生物が大好きなアート・クラフト作家の集まり「マニアック生物アートサークル『生物部』」です。私たちは「マニアックな視点」で「実在する生物」を「手作り作品で表現する」ことにこだわっています。
・ホームページはコチラ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター